スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅副総理 財政・経済演説 「納税者番号」明言/デフレ克服へ決意(産経新聞)

 菅直人副総理・財務・経済財政担当相は平成22年度予算の国会審議に向けた財政演説ならびに経済演説を行う。財政演説では「国民生活に安心と活力をもたらす」決意を表明。今後、歳出・歳入一体改革の実現のため、税制調査会で「(納税者)番号制度といった課題についても検討を進める」と明言する。

 景気回復に向けては、21年度第2次補正予算と22年度予算を「一体として切れ目なく執行」すると説明。公共事業重視の「旧来型の資源配分」を見直し、「家計を直接応援し、国民生活を守るため、マニフェストに掲げられた子ども手当、高校の実質無償化などの施策を実施する」と強調する。

 一方、経済演説ではデフレ克服に取り組むため、日銀に対し「適切かつ機動的な金融政策の運営によって経済を下支えするよう期待する」と異例の表明をする。

                   ◇

 ■岡田外相外交演説 国際協調へ「積極的に行動」

 岡田克也外相は29日の外交演説で、「新たな協調の時代」を迎えた国際社会の期待に応えるため「日本が積極的に行動し、構想を示す」と強調、核軍縮・不拡散、地球温暖化防止など地球規模の課題の解決へ指導力を発揮する決意を示す。

 「国民の理解と信頼に支えられた外交」のため日米核密約などの調査結果を公表し、外交文書公開ルール見直しを進めると表明。「核兵器のない世界」への第一歩として、非核国への核使用禁止などの考え方に言及する。北朝鮮をめぐっては、核問題をめぐる6カ国協議の早期再開と核放棄に向け日本独自の制裁などを着実に実施する考えを示す。

小沢氏聴取控え「積極的に説明を」 与野党から注文相次ぐ(産経新聞)
「海外からでも納税できる」遼君、ネット申告PR(読売新聞)
新型ワクチン余剰分、「解約交渉のテーブルに」-長妻厚労相(医療介護CBニュース)
2千数百万詐取容疑で追送検=近未来通信元専務ら-警視庁(時事通信)
平均保険料9.34%に引き上げ=都道府県別料率を了承-協会けんぽ(時事通信)
スポンサーサイト

小沢幹事長、聴取後に会見 「不正な金受け取っていない」(J-CASTニュース)

 資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐって、東京地検特捜部から事情聴取を受けた民主党の小沢一郎幹事長が2010年1月23日夜、東京都内のホテルで記者会見を開いた。会見場には約500人の報道陣が詰め掛けた。小沢幹事長は落ち着いた表情で「私は不正な金を一切受け取っていない」と強調した。

 20時15分すぎから始まった会見で、小沢幹事長は東京地検の事情聴取の内容について説明。地検から東京・深沢の土地購入に関する資金と政治資金収支報告書についてたずねられたことを明かした。

■報告書不記載への関与を否定

 土地取引の原資については、

  「後援会に当時あった資金をすべて土地購入にあてると、後援会の活動資金がなくなってしまうため、私の個人的な資金を提供・貸付することになった」

と説明。報告書の記載については、

  「土地の原資の貸付とそれを買うこと、それが私が決めたすべてで、その後の具体的な実務についてまでは立ち入って関与していない」

と不記載についての自らの関与を否定した。

 質疑応答では、「水谷建設から小沢事務所への金銭の流れについて検察から聞かれたか」と記者が質問。小沢幹事長はそのような問いが検事からあったことを認めたうえで、  「私はそのような不正な金は、水谷建設はもちろん、ほかの会社からも一切受け取っていない。私の秘書や秘書だった者も不正な金を受け取っていないと確信していると申し上げた」

と答えた。

■「私の説明を真剣に聞いていただいた」

 また読売新聞が1月20日夕刊一面で「小沢氏、4億不記載了承」という記事を掲載したことに関連して、逮捕されている元秘書たちの供述について検察から聞かれたかという質問も出た。小沢幹事長は、

  「石川議員を始めとする3人の供述内容の話は一切なかった」

と説明。「現在の報道や検察の捜査についてどう思うか」という質問に対しては、

  「できるだけ公正、冷静に報道していただきたい。検察は準司法的な立場なので、ぜひ公正な捜査を行っていただきたい。今日は私の知っていることをすべて話したが、私の説明を真剣に聞いていただいたことは間違いないと思う」

と話した。

 これまで民主党で開かれていた定例会見とはうってかわり、小沢幹事長は終始冷静な語り口。会見場の新聞記者の間からは「落ち着いているなあ」という感想がもれていた。

 小沢幹事長は今後も幹事長を続投する意思を改めて表明。同席した弁護士からは、毎週月曜に開かれている定例会見も継続するとの説明があった。


■関連記事
ブログやツイッター「検察に批判的」 ジャーナリストがいうのは本当か : 2010/01/19
小沢幹事長の土地購入「事件」 特捜部はなぜこれほど強気なのか : 2010/01/18
村越議員たった一人の反乱 「小沢幹事長辞任せよ」 : 2010/01/21
小沢一郎改造計画 「聴取」と「言行不一致」の関係 : 2010/01/23
「お笑いブーム」ギャル界では↑ 理想の男性も「面白い人」 : 2010/01/22

<ウォーターボール>知事も中でダンス、ダンス、ダンス(毎日新聞)
ロープウエーが宙づり=点検員2人取り残される-北海道(時事通信)
空売り規制、4月末まで延長=金融庁(時事通信)
京大教授が小学校で「イネ」テーマに“出前授業”(産経新聞)
警察庁長官、平岡さん事件の捜査本部を激励(読売新聞)

閣僚や民主のヤジは「最後っ屁」「破れ蓄音機」 自民・大島氏が批判(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は26日午前の記者会見で、衆院予算委員会で閣僚席からやじが相次いだことについて「やじは一定の品性とユーモアがあるべきだ。質問が終わった後に最後っ屁(ぺ)のように言うのは子どもの議論だ」と批判した。

 衆院本会議での民主党の若手議員のやじに対しても「破れ蓄音機のようで、妨害に値する。諸先輩方はきちんと教えているのだろうか」と皮肉った。

【関連記事】
菅、亀井氏はヤジ将軍? 閣僚席はまるで野党席
“やじ最強”3閣僚を名指しで抗議 自民
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」
鳩山邦夫氏を党政倫審に呼ばない 自民幹事長
「小沢独裁」あぶり出せ 自民が攻勢強める

<訃報>大塚雄司さん80歳=元建設相、元自民党衆院議員(毎日新聞)
規正法違反 有権者欺く「実質犯」(産経新聞)
平均時速50キロが限界? =人類が走る最高速度-足の接地時間が制約・米大学(時事通信)
ヴィトン強盗団、今度は大阪!通行人目の前で正面ガラス割り侵入(スポーツ報知)
11年度以降は拒否=子ども手当の地方負担-知事会議(時事通信)

<東京都議補選>島しょ部で自民勝利、小沢幹事長問題影響?(毎日新聞)

 自民、民主両党の公認候補がぶつかり合った東京都島しょ部(大島町、八丈町など9町村)の都議補選(改選数1)は24日、投開票の結果、自民候補が大差で当選した。小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入を巡る事件が打撃になったとの見方が出ている。

 ある民主都議は「『コンクリートから人へ』という主張を有権者に伝え切れなかった。この票差は、小沢さんの問題も影響したかもしれない」と声を落とした。

 都議補選は自民前職の死去(昨年12月)に伴い行われた。自民新人で元衆院議員秘書の三宅正彦氏(38)が1万796票を獲得して当選。民主新人で同、池田剛久氏(44)は4674票で敗れた。

 民主党は、自民党の支持基盤の強い島しょ部を切り崩そうと、選挙区の町村長を国会に集めた際、小沢氏が「皆さんの要望を政府に働きかける」とあいさつ。菅直人財務相ら国会議員も続々と現地入りした。自民都議は「敵失もあるが、今夏の参議院に向けてもいい結果になった」と語った。【江畑佳明、市川明代】

【関連ニュース】
陸山会土地購入:小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い
民主:陸山会事件の捜査長期化を懸念 小沢氏「信念貫く」
小沢幹事長:「職責を全うしたい」 続投で民主に逆風も
小沢幹事長:聴取後に行った記者会見の要旨
小沢幹事長:聴取4時間半 「包み隠さず説明した」と会見

デイリースポーツ電子版発行へ=神戸新聞社(時事通信)
首相動静(1月18日)(時事通信)
<社民党>普天間、現行案なら連立離脱 福島党首改めて示唆(毎日新聞)
自民 胆沢ダム視察へ(産経新聞)
小沢幹事長「毎度お騒がせいたしております」(読売新聞)

屋上で警官「おい!」、万引き男?飛び降り死亡(読売新聞)

 25日午前5時55分頃、大阪市平野区瓜破東1の市営住宅(12階建て)の屋上から20歳前後の男が飛び降り、搬送先の病院で死亡した。

 男は、万引きの疑いで大阪府警が追跡していた男4人組の1人とみられ、捜査員から「おい」と声を掛けられた直後、いきなり飛び降りたという。平野署が身元の確認を急いでいる。

 府警によると、4人組は同日午前3時45分頃、同府東大阪市若江東町4のコンビニエンスストアで食料品など20点(8000円相当)を盗み軽乗用車で逃走したが、河内署のパトカーに追跡され、市営住宅近くのブロック塀に衝突。車を放置して逃げていた。捜査員が付近を捜索中、屋上で男を発見したという。

障害者向け小規模多機能の生活介護を全国展開へ(医療介護CBニュース)
脱走した「北限サル」無事に捕獲 上野動物園(産経新聞)
新型インフルワクチンを65歳以上への接種開始(産経新聞)
安全への姿勢、変えないで=ジャンボ機事故遺族ら懸念-社長の慰霊登山など評価(時事通信)
雑記帳 オットセイの赤ちゃんを輸送 宮城県の水族館(毎日新聞)

焼肉店主射殺の元従業員、差し戻し控訴審も無期懲役判決(産経新聞)

 大阪府豊中市の路上で平成15年、焼き肉店主を射殺したとして強盗殺人などの罪に問われた元従業員、浅田和弘被告(34)の差し戻し控訴審の判決公判が21日、大阪高裁であった。小倉正三裁判長は、無期懲役とした1審大阪地裁判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。

 小倉裁判長は判決理由で「共犯者2人の公判供述は信用できる。矛盾点もあるが、浅田被告の犯行を認めた1審判決の事実認定を左右するものではない」と述べた。

 浅田被告をめぐっては、18年5月に大阪地裁が求刑通り無期懲役を言い渡したが、2審大阪高裁は「関係者の供述は信用性がなく、審理が尽くされていない」として審理を地裁に差し戻した。しかし、検察側の上告を受けた最高裁は20年11月、「大阪高裁は証拠の評価を誤った疑いが強い」として2審判決を破棄、審理を高裁に差し戻していた。

 判決によると、浅田被告は15年11月、店主の岡森信也さん=当時(28)=から不当に扱われていると恨みを持ち、拳銃を発射して岡森さんを殺害、現金50万円入りのバッグを奪った。

【関連記事】
現場に指紋…男を再逮捕 南青山の従業員殺害
「組員殺害」供述 強盗殺人で起訴の男再逮捕へ
竪山容疑者が供述「私を刺して自分も死ねばいいと言われ…」
八王子スーパー殺人 時効まで7カ月、浮かんでは薄れ…消える「点」
自暴自棄…金絡みの犯罪激増 墜ちた美人カリスマトレーダーも…

小沢幹事長、党大会で検察批判「納得できない」 (産経新聞)
<三重現金輸送車襲撃>日通元社員に有罪判決 津地裁(毎日新聞)
過去問再利用なし=センター試験(時事通信)
江戸川で郵便局強盗 500万円奪い男が逃走(産経新聞)
申請率、80%に改善=介護職の処遇改善交付金-厚労省まとめ(時事通信)

ノコギリ、マスクの無言女がコンビニ強盗(読売新聞)

 21日午前1時頃、岐阜市又丸柳町のコンビニエンスストア「ココストア岐阜又丸店」にノコギリを持った女が押し入り、アルバイト店員の女性(27)を脅して、店のレジから現金16万2000円を奪った。

 店にあった荷造り用のひもで、女性を後ろ手に縛ろうとしたが、店の奥の事務室にいたアルバイト店員の男子大学生(21)が異変に気付き、女を取り押さえ、通報で駆けつけた岐阜北署員が強盗容疑で現行犯逮捕した。当時、客はおらず、店員2人にもけがはなかった。

 発表によると、逮捕されたのは岐阜市市川部1、無職松嶋美保子容疑者(51)。調べに対し、「金がほしかった」などと供述しているという。

 松嶋容疑者は、ニット帽にマスク、眼鏡で顔が分からないようにし、犯行時も声を出さずに、しぐさで手提げ袋に金を入れるよう要求したという。

「党代表選への影響配慮」=石川議員が動機供述-虚偽記載時予定なし・規正法違反(時事通信)
阪神大震災 「中越」被災者が交流 山桜の箸贈る(毎日新聞)
小沢氏元秘書の議員「真実、いずれ」「昔の話」口重く(産経新聞)
小沢氏はきちんと説明を=社民・福島氏(時事通信)
小沢氏進退、世論見守る=渡部氏(時事通信)

日航破綻 東北の翼行き先懸念 各県、利用促進頭悩ます(河北新報)

 日本航空は19日、会社更生法の適用を申請、企業再生支援機構の支援を受けて再生へと動きだした。法的整理によって抜本的な経営改革、巨額の債務処理を進めることになり、東北の行政や空港関係者は「路線廃止や便数削減の憂き目に遭うのではないか」と危ぶむ。乗客からは「安全運航に配慮してほしい」との声も上がり、巨大な翼の行方に視線が集まった。

 東北の日航全21路線の搭乗率(昨年11月分)をみると、15路線が採算ラインの6割を下回っている=表参照。山形―名古屋は32.6%と最も低迷。日航グループのみで国内線を運航している三沢、花巻の2空港は全路線で採算割れ状態だ。

 青森県は、12月に東北新幹線新青森駅の開業を控え、搭乗率低下が懸念される。小林巧一県企画政策部次長は「どちらも大事な県民の足だ。利用促進に努め、行きは航空機、帰りは新幹線を利用する『立体交通』を推進したい」と話す。

 山形県は、山形―羽田が午後の1往復のみで、秋の羽田空港の発着枠拡大に合わせて小型機導入による複数便化の構想を描く。吉村美栄子知事は「山形発着の国内4路線は県の活性化にとって非常に大切。経営再建の動向を見守りながら利用拡大に努めたい」とコメントした。

 5月から花巻―中部線が運休する岩手県。達増拓也知事は20日、小型機で名古屋圏とのネットワークを維持できるよう、前原誠司国土交通相に要望する。
 日航にとって節目となった19日、仙台空港の便は通常通り運航された。搭乗カウンターでの混乱などはなかったが、日航の男性職員は「会社の指示で話はできない」とぴりぴりした様子。

 月に10回ほど日航を利用するという奈良県桜井市の男性会社員(60)は「路線削減、ダイヤの見直しはどうなるんだろう。コストカットで安全面も心配だ」と話した。多賀城市の男性会社員(46)は「運航路線の維持は利用者との約束。守ると信じている」と注文を付けた。


<石破政調会長>「あるまじきこと」小沢幹事長を批判(毎日新聞)
開業医の再診料引き下げ盛らず 診療報酬改定骨子案(産経新聞)
「石川議員に頼まれ証拠隠した」 元秘書が自民勉強会で告白(産経新聞)
加湿器発火4件、6万台リコールへ(読売新聞)
子供用携帯、都が推奨へ…全国初の「お墨付き」(読売新聞)
sidetitleプロフィールsidetitle

いくたしゅうぞうさん

Author:いくたしゅうぞうさん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。